習慣化について②

早起きできるようになって気づいたことがあります。

個人的には、20年間知らなかったことだ笑

本とかでは書いてて知ってたこともあるけど、やっぱり実際やってみないとわからない。そういことってあるもんだなと改めて思います。

 

これまでは、早起きの何がいいの?、眠い・しんどい思いをして何が楽しいんだろう。と思っていました。 

しかも、僕は遅くに起きて、それでもさらに午前中屍のようにボーッと死んでいる毎日だったので余計そう思ってました。

 

意外と早起きはしんどくない

実際できるようになってみると、それほどあまりしんどくない事がわかりました。これは意外でした。

朝起きた時に眠くなくて、すぐ机に向かえるのです。この、眠くないというのが肝心。 

 

眠かったら2度寝したほうが1,000倍気持ちがいい。

眠くなければ、起きよう!という気になる。

 

これが理想的です。

 

太陽光を浴びるとか、シャワーを浴びるとか、散歩するとかいろいろな方法が巷では言われています。

 

それはその人それぞれのスイッチだと思います。

なぜなら、それをしなくてもシャキッと起きられることがあると知ってしまったからです\(^o^)/

 

もちろん、色々試してみて自分に合った方法があればそれをお続けになるのがいいと思います。 見つけられただけでラッキー。

 

僕は正直早起きの努力をしてなかった人間なので笑、ある意味説得力があるかも?

 

ちょっと自分でできるようになった理由をちゃんと検証してみたいと思います。

 

でも今のところはサプリだけなんですが笑

自分でも信じられないから、たぶんそれは参考にならないかもという方が多数派かも。

 

いや、やはり説得力ないか笑

 

うーんなんか上手に説明ができないかな。

 

明日に続けます。

今日もありがとうございます。

 

今日のまとめ

•理由がわからないけど、早起きできるようになってしまう場合もある。

•強い意志なんていらない

•早起きは意外と辛くない。